オルディーブ メルティライン 

2012年、秋冬は「クラシカル」 な装いがファッショントレンドとなる雰囲気。

そんなトレンドを意識して、豊富なカラーバリエーションをもつ
ミルボン、オルディーブシリーズに新色が加わります。

やわらかで深みの あるツヤを演出する

オルディーブ メルティライン 全16色
(ベーシックトーン…2色相10色・ハーフトーン…2色相6色)

 

この商品の色合いはとてもやわらかく秋冬にかけて一押しおすすめのカラー剤です。 

クワトロパレット処方

オルディーブ メルティライン「とろけるようなツヤ」を実現する
秘密は4つの色味を最適バランスで配合するクワトロパレット処方にあります。

これにより、やわらかく深みのあるとろけるようなツヤが生まれます。

本商品の特徴である、「とろけるようなツヤ」を創りだすには、
「やわらかさ」 と 「深みのあるツヤ」 という、
相反する2つの要素を両立させることが重要でした。

従来は、くすみがでやすく、表現するのが難しかった、
とろけるようなツヤを、このクワトロパレット処方により実現。

 


          (メーカー提供パンフレットより) 

オルディーブの染色メカニズム 

染色メカニズムは従来のオルデーブカラーの特徴である
インターセルラー処方をそのまま踏襲。

                     (メーカー提供資料より)

染料の通り道である、CMC(細胞間脂質)の幅を広げて染料を効率よく浸透させ
髪の深部まで定着させる処方。

アルカリ量を抑えて、髪へのダメージを低減させながら美しい染まりを実現します。

 

また、発色反応の設計は、施術時間に差がでやすいホイルワークを想定。放置時間30分以降の発色が緩やかなため発色しすぎによる色のくすみなどをおさえます。 

オルディーブカラーはすべての色調においてトーンダウンに法則性があり
めざす明度に対応する薬剤選定やトーンダウン計算がシンプルです。

ニュートラルブラウン(赤系メラニンタイプ)と
チェスナットブラウン(黄系メラニンタイプ)の
基本2つのカラーバリエーションをもつオルディーブカラーは、
豊富で多彩な色調に対応。

お客様一人一人に合せたレシピ創りができるカラー剤です。 

オルディーブのカラーチャートはこちらより
※メーカーサイト商品ページへリンクします。  

秋から冬にかけてのトレンドカラー提案にお役立ち

メーカーサイトにて、 
2012 Autumn & Winter Hair Collection
と題し、今季のファッショントレンドやおすすめのヘアカラーコレクション、
またカラー提案にお客立ちのツールなどを豊富に紹介。

いち早い新製品情報やサロンワークのヒントとして是非ご覧になってみてください。
サイトへは下記バナーよりアクセスできます。
 

 
 

サロンオーナー様・サロンスタッフ様へ

オルディーブ メルティラインに 興味をお持ちのお客様は、
お気軽に弊社までお問合せ下さい。

オルディーブ 「メルティライン」 トライアルセット企画販売
(初回導入の1回限り、11月16日まで) 

のご案内を既にオルディーブを採用導入いただいてるサロン様には
弊社営業より随時ご案内させて頂いております。

既に発売されております、オルディーブ ボーテ(全47色)も
大変好評を頂いておりますのでまだ導入されてないサロン様は
合せてご検討頂ければ幸いです。
 

 


Copyright(c) 2010-2014 Waraku.Inc All Rights Reserved.